「心身ともにたくましい子」を育てる さいたま市南区の 浦和つくし幼稚園
園ブログ
 活動の様子や子育て応援メッセージをお伝えしていきます。

2013年02月23日

第40回 生活発表会を迎えて ― 子ども達の「心の育ち」には、家庭環境が大きく影響します ―

 皆様のお陰を持ちまして、第40回生活発表会を迎えることができました。この時期は、例年インフルエンザが流行するので、園でも色々と予防に注意を払ってきました。空気清浄器の使用はもとより、インフルエンザウイルスは湿度が50〜60%と高いと不活性化するとの事ですので、原始的ですが各クラスには濡れたタオルを2〜3枚必ず掛けておき、湿度を高く保てるようにしてきました。毎年行っている健康管理カードでは<早寝・早起き・朝ごはん・朝トイレ>を実行させ、規則正しい生活と十分な睡眠と休養をとらせてきました。これも保護者の皆様のご協力の賜と感謝申し上げます。

 さて、最近の教育の問題には、いじめや部活動の体罰による自殺があります。スポーツ部活動の体罰による自殺については、実状を聞く限り、明らかに教育や指導の範囲を超えて、暴力行為に入るものであり、日本のスポーツ界にある伝統的な精神主義の行き過ぎは正していかなければなりません。

 いじめによる自殺の問題も大変根深いものがあり、多方面からの検討が必要です。いじめの認知件数は、平成21年度の統計では、小学校 約35,000件、中学校 約32,000件、高等学校 約5,600件、特別支援学校 約260件の総計約72,860件となり、ピーク時の平成18年度の(総計約125,000件)より減少はしています。しかし「大津いじめ自殺事件」に見られたように、生徒のアンケートには「葬式ごっこ」や「自殺の練習といって首を絞める」といった回答もあり、いじめの中身が過激になり、歯止めがきかない現状があります。

 文部科学省(2011)では、いじめについて「児童生徒が一定の人間関係のある者から、心理的や物理的な攻撃を受けたことにより、精神的な苦痛を感じているもの」と定義しています。例えば「悪口を言ったり、からかったりする」「無視したり、仲間はずれにする」「たたいたり、けったり、おどかしたりする」そして「ネットを利用して悪口の書き込みをする」等があり、いじめは高学年になるほど表面に出にくくなり、教師や家族も発見できなくなっています。

 そこで、いじめる子は「なぜいじめるのか」とその要因を調べてみると、以下のような特徴が考えられます。

 @両親の不和や離婚等の家庭環境の悪化による欲求不満
 A家庭崩壊による規範意識の未成熟や耐性不足
 B少子化と核家族化によるコミュニケーション能力の未熟
 C異年齢集団での遊びの体験不足がくる思いやりの心の不足
 D受験戦争からの逸脱や学業不振などにより、劣等感が強く自己肯定感が育っていない

 子ども達の「心の育ち」には家庭環境の影響が大きく、今日の家庭のあり方そのものにも問題が多いと言えます。最近の映画やテレビドラマの中にも、「家庭や父母のあり方」「家族の絆」等を考えさせるものが多いようですが、今、その点を真剣に考える必要があると思います。

 日本には、戦前まで「教育勅語」というものがありましたが、言葉は聞いたことがあっても内容はよく知らない人がほとんどでしょう。この教育勅語ができたのには、明治の近代化の過程で西欧から入ってきた「自由や権利」等の考え方が千差万別であり、学校では「人はどう生きるべきか」という大事な点について教えることが難しくなり必要になった、という歴史的な背景があります。

 「教育勅語」は本文315字と短い文章ですが、これは近代日本を創り上げるために国民に示された「日本人としての生き方の指針」となりました。また、この内容は、時代が変わっても変わることがない、人としての心掛けであり、現代にも充分通用します。

 「家では親を大切にし、兄弟が仲良くする」「社会人であれば仕事に一生懸命取り組み、世の中の役に立つ」「学生であれば勉強に励む」等の誰もが実践できる徳目が並べられているので、是非実行していきたいものです。以下、「教育勅語」に示された内容をまとめてみましたので、家族みんなで考えて、努力していきましょう。

  (  ) 親孝行している
  (  ) 兄弟姉妹の仲が良い
  (  ) 夫婦円満である
  (  ) 信じ合える友人がいる
  (  ) 言動をつつしむ
  (  ) 他者をいつくしむ
  (  ) 勉強や仕事を励む
  (  ) 教養を高める
  (  ) 人間性をみがく
  (  ) 法律や秩序を守る
  (  ) 社会の役に立つ
  (  ) 国の為に役立つことを考える

さいたま市南区 浦和つくし幼稚園 園長 秋本勇次
posted by 浦和つくし幼稚園 at 10:47| 園長メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月06日

本日6日(水)の降園は平常通り(2:00降園)で、バスも運行します

本日6日(水)の降園は平常通り(2:00降園)で、バスも運行します。
課外教室と預かり保育も行います。

安全に十分配慮してお迎えに来て下さい。



posted by 浦和つくし幼稚園 at 11:20| 連絡事項 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本日6日(水)の登園は普通通りで、バスも運行します。お弁当を持たせて下さい。

本日6日(水)の登園は普通通りで、バスも運行します。お弁当を持たせて下さい。本日の予行練習も予定していますので必要な荷物を持たせて下さい。

尚、今後の降雪状況によって降園時間を早める場合には【11:00〜11:30】の間にメールを送信します。降園が早まった場合は、課外教室と預かり保育はありません。
posted by 浦和つくし幼稚園 at 07:30| 連絡事項 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする